空冷ヒートポンプ式熱源機の販売メンテナンス

環境に配慮したボイラーシステムを提案
空冷ヒートポンプ式熱源機

空冷ヒートポンプ式のすぐれもの

お客様の様々なニーズにジャストフィットした「ユニバーサルマートX」。
ターボ冷凍機並みの冷却COP6.30という高効率を空冷式にて達成し、エネルギーコストの削減、
及び省CO2化などを実現いたしました。
熱源機

8つのミラクルがあります

世界最大容量のロータリ圧縮機

広い能力可変幅(最小周波数15Hzまでの高効率低負荷運転の実現)
ワイドレンジで高性能(高効率DCモータとロータリならではの高い部分負荷特性による省エネ性向上)
ハイパワーウェイトレシオ(一定速5馬力サイズで最大12.5馬力相当能力発揮)
高い設計・製造技術(低吐油量、高性能、高信頼性)

ターボ冷凍機並みの冷却を空冷式にて実現

インバータロータリ圧縮機の特長を生かし年間を通じて要求されるあらゆる負荷率での高効率化を実現し、定格の冷却COPはターボ冷凍機並みの 6.30(※1)。部分負荷時の運転では最高冷却COP16.0(※2)を達成しました。

業界最高クラスの期間成績係数を達成

モジュール単体での部分負荷特性の向上とモジュール群制御の最適化により、業界最高クラスの期間成績係数(※3)7.50を達成しました。年間を通じて、極めて高効率の運転を行なうことが可能です。

モジュールinモジュール構造でリスク分散

モジュール式のため、各モジュール同士でバックアップ運転が可能。しかも各モジュールにはそれぞれ独立した4つの冷凍サイクルがあり、さらにリスク分散が可能です。
また、低外気温時には、霜取運転も分散して行うため、温水温度の低下を抑制します。

配置スペースを大幅に削減

10年前のチラー(R134a機種(※4))と比べて設置スペースを58%削減。同じスペースであれば、十分な能力増強が図れます。
スーパーフレックスモジュールチラーとの比較でも、34%削減となります。
クーリングタワーを使用していたシステムからの置換えもしやすい、省スペース設計です。係数(※3)7.50を達成しました。年間を通じて、極めて高効率の運転を行なうことが可能です。

低温から高温領域まで効率よく運転

低温から中温、高温領域まで効率よく運転するので、業務用から産業用まで幅広くご利用いただけます。

超大規模物件にも対応する柔軟なシステム制御

グループコントローラ(別売部品)を用いると、最大96台(12台連結・8グループ・50馬力)のモジュールを統合して、複数システムを単一熱源機システムのように一括制御することが可能で、最適な省エネ運転制御を実現します。

エネルギーの見える化とシステム管理

お客様でのエネルギー管理や、省エネ運用に、モジュールコントローラ、グループコントローラ、Webモニタを準備いたしました。さらに、遠隔監視を契約いただきますと、運転状態監視、警報発信、報告書作成を行い、確実なメンテナンスと敏速なサービス対応をご利用いただけます。

※1 外気温度35℃、冷水入口/出口温度14/7℃、冷却能力85kWで運転した場合を示します。
  内蔵インバータポンプの消費電力は含みません。
※2 外気温度9℃、冷水入口/出口温度14/7℃、冷却能力35kWで運転した場合を示します。
  内蔵インバータポンプの消費電力は含みません。
※3 期間成績係数とは、部分負荷特性を加味した冷却運転時の値(ARI550/590-2003に準拠:変流量試算)です。
  注:内蔵ポンプインバータの消費電力は含みません。
※4 冷却負荷1200kW対応システムの設置スペース比較。
  RUA-SH30001H×4台と50馬力(150kW)モジュール8台との比較。